お皿など陶磁器の捨て方

もらいものだったり、衝動買いだったりで、溜まりがちなお皿類。でも、食器棚の奥に眠っている、なんてこと、ありませんか?

本当はあまり捨ててほしくはありませんが…、捨てなくちゃいけない時もあるかと思います。

今回は、そんなお皿などの陶磁器の捨て方についてご紹介します。これからの年末にかけて大掃除をする方や、近々お引越しをする方は知っていても損はないかもしれません。

燃えないゴミとして出す

燃えないごみ

陶磁器は、燃えないゴミとして出すことができます。
ただし、お皿を新聞紙などの紙で包むことを指示する自治体と、そうではない自治体があるので、詳しいことは、各自治体の案内を見て、その指示に従ってください。
指定のゴミ袋がある場合もあります。

不用品回収業者に引き取ってもらう

不要品業者
不用品回収業者とは廃品回収業者と呼ばれることもあります。もし、大量の陶磁器のゴミが出た場合は、いちいち袋に入れるのも大変なので、不用品回収業者にまとめて引き取ってもらうと便利です。

電話でお願いして、見積もり、引き取りまでスムーズにやってもらうことができます。大量の食器はとても重いので、業者さんに頼むのが一番楽で安全な方法だと言えます。
ただし、業者さんに頼むので、多少の費用がかかります。

リサイクルショップに買い取ってもらう

リサイクル
まだ新品同然の綺麗なお皿がたくさんある場合には、捨てるのはもったいないので、リサイクルショップに買い取ってもらうといいでしょう。

リサイクルショップに買い取ってもらうとなれば、費用はかかりませんし、むしろ多少のお金をいただけると思います。売れそうな代物がある場合は、ご検討してみてくださいね!

オークションサイトやフリーマーケットアプリで販売する

PCとスマホ
リサイクルショップに買い取ってもらうのと似ていますが、最近はアプリなどを使って簡単に販売することができますので、やったことがない人は一度チャレンジしてみても良いかもしれません。あなたのお皿を欲しいと思う人に使ってもらうのが一番ですしね。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
お皿の捨て方、参考になりましたでしょうか。
あまり捨てて欲しくはないですが、お役に立てたなら幸いです。

モダン和食器専門通販サイト「ハレトケ」はこちら>>