小豆と大豆で健康ライフを送ろう!

小豆

みなさん、普段からお豆、たくさん食べていますか?栄養満点かつ手頃なので、いろいろな場面で活躍してくれますよね。今回は日本食に欠かせない、優秀なお豆のお話。中でも特に、小豆(あずき)と大豆(だいず)についてご紹介していきます!

小さい豆と大きい豆?

小豆と大豆の漢字を見ると、「仲間なのかな?大きさが違うだけ?」なんて思ってしまいそうです。実際私も、その具体的な違いについて考えたことがありませんでした。でも実は、小豆と大豆は全く違った種類のお豆。確かに、大きさ、色、味、活用方法など、それぞれにしかない魅力がありますよね。
まずは、歴史からのぞいていきましょう!

どちらも原産は東アジア

パンダ

歴史をたどってみると、小豆も大豆もその伝統に驚かされます。とても古くから存在していた食材であるため、原産地はちょっと曖昧。ですが、東アジア、とくに中国とする説が一般的なようです。日本に伝わった時期も曖昧ですが、小豆は3世紀頃、大豆は1世紀頃と言われています。共通して、他の文化とともに中国から朝鮮半島を通じて伝来したそうです。

知られざる小豆のパワー

小豆

古くから日本を含む東アジア全体で親しまれる小豆。一体、どんなパワーがあるのでしょうか?実は、小豆はもともと、その煮汁が解毒剤として用いられていたそうです。世界最古の薬学書と言われる中国の「神農本草経」にも登場しているんですよ!それもそのはず、小豆には絶大なデトックス効果があるのだそうです。

食物繊維が豊富で利尿作用も高く、体の内側からキレイになれちゃいます。また、無駄なアルコールを分解・排出する効果も期待され、二日酔いの人にも優しい食品。その他、ポリフェノールの老化防止、ビタミンの疲労回復、鉄分の貧血予防と様々な効果が期待され、老若男女、みんなに嬉しい健康フードだということがわかりました。

おなじみ大豆の魅力

大豆

これは、ハレトケブログでも何度か紹介してきました。何度聞いても栄養満点な大豆のパワーに圧倒されます!特に注目はイソフラボン。これは女性ホルモンに似た働きをするので、女性は特に嬉しいですよね。更年期障害の改善にも効果があります。また大豆に含まれる植物性の脂質がコレステロールを減らしてくれるので、生活習慣病が気になる方も積極的に摂ってみてください。そして「畑の肉」と言われるほどの豊富なタンパク質、美肌効果のあるビタミンB群など、大豆の魅力は語りきれません!

身の回りにあふれる大豆

醤油

栄養満点の大豆は、使いやすさも抜群で活躍の幅がとっても広いですよね。大豆に関連する食べ物は私たちの身の回りにあふれています。豆が完熟する前に収穫すればそれは枝豆。発芽を待てば、もやしになります。加工食品も優秀なものばかりで、納豆、豆腐、豆乳は代表的な大豆食品です。日本食に欠かせない調味料の醤油や味噌も大豆が原料ですから、大豆を口にしない日はないかもしれませんね。

ハレトケギフトと小豆スイーツ

のし柄 ミニカップ小皿付き
のし柄 ミニカップ小皿付き

¥3,000

水引をデザインしたカップはフォーマルなテーブルにもマッチします。小皿とセットでいろいろなシーンでのお祝いや贈り物に。

小豆も日本人には欠かせない食材。どんな食べ方が思い浮かびますか?甘党の私は、小豆といえばやっぱり餡子!餡子を使ったお饅頭や大福は、小豆のおいしい食べ方の代表です。餡子たっぷりの和菓子を楽しむ際、ぜひ使って頂きたいのがこちらの、「のし柄 ミニカップ小皿付き」。小豆の風味をじっくり楽しむおやつタイムのお供にぴったり商品です。

まとめ

ふるくから日本人の食生活を支えてきた、小豆と大豆。改めて考えると、実にあらゆる場面でお世話になっていました。日本人が長生きなのは、体にやさしい小豆と大豆のおかげかもしれませんね。

モダン和食器専門通販サイト「ハレトケ」はこちら>>