ブーム到来!相撲っておもしろい!

今、相撲がブームですね。

小さいころ、おじいちゃんがTVを相撲にすると、つまらないな〜、なんて思っていましたが、
私もオトナになるにつれて、相撲に興味が湧いていきました。

今日は相撲について記事を書こうと思います。

そもそも相撲ってなに?

d67e9aece3c4ccac629fc5f8971f95ed_s
ご存知の通り、日本の国技です。
その昔、農耕儀礼や神事として相撲は行われていました。
現在でもその名残で、儀式的な要素を多く含んでいます。
海外では「スモウ・ワールド」という英文相撲雑誌が世界中で読まれており、大相撲の人気は世界的なものとなっています。
近年は外国人力士の活躍も目立っていますね。

四股って、なにか意味があるの?

6afe1914e6272fdb1993147cbfc68c49_s
準備運動と思われている方もいらっしゃいますが、(そういった意味もあるようです)
先述したとおり、相撲は農耕儀礼や神事として行われていました。

その名残で、四股を踏んで大地の邪気を払う、といった意味合いがあり、
大地にいる悪霊を踏み鎮める、という神事に由来しています。

なぜ座布団を投げるの?

この座布団を投げる行為は、大番狂わせが起こった際に座布団を投げる(ブーイング)という意味合いで投げられているようですね。

でも、もともとこれは、江戸時代に行われていた「羽織投げ」に由来しているようです。

羽織投げとは、活躍した力士や、自分が好きな力士を花道に引き上げる際、
観客が自分の羽織を投げ、それを力士が持ち主に返しにいくと、観客がご祝儀を渡す、という行為です。

羽織には家紋や屋号が記してあるので、それを元に力士は持ち主に返していたようです。
今とは全く逆の意味合いだったのですね。

今は座布団投げは禁止になっているので、こういった光景はほとんど見ることが出来ません。


こうして相撲の一つ一つの意味合いを調べると、
ますます楽しく相撲を見ることが出来そうです^^

皆さんも興味がありましたら、ぜひ調べてみてくださいね!

モダン和食器専門通販サイト「ハレトケ」はこちら>>