飲むときれいになる!甘酒のひみつ

甘酒

最近流行りの甘酒ですがみなさんは飲んだことはありますか?

最近ではあまり馴染み深いものではありませんよね。ですが、実は甘酒には体に良い効果がたくさんあり、「ジャパニーズヨーグルト」とも呼ばれているんです!

今回は知れば絶対に甘酒を飲みたくなる、甘酒のひみつをお教えします。

甘酒の種類

実は甘酒は「酒粕」タイプと、「米麹」タイプの2種類あるんです。

酒粕タイプは酒粕に水と砂糖を加えて作ります。砂糖を多く使っているため少しカロリーが高めです。さらに酒粕を原料としているため、すこしお酒の香りもします。

市販されている缶入りタイプのものはこちらが多いようです。酒粕タイプにはレジスタントタンパクが含まれているものが多いのも特徴です。

一方米麹タイプは米麹に水と米で作っているためカロリーは低く、アルコールも含まれていません。妊婦やこどもでも飲めるのが嬉しいですよね。

甘酒を飲むメリット

便秘解消

甘酒にはオリゴ糖がふくまれており、それが腸内の善玉菌の餌になって腸内環境を整えてくれます。また、食物繊維も多く含むので便通を良くしてくれるんです。

美肌効果

甘酒にはビタミンB群、コウジ酸、アルブチンが多く含まれています。ビタミンB群は糖質や脂質・タンパク質を代謝して皮膚や粘膜などの細胞を活性化させる働きがあります。

また、コウジ酸はメラニンを抑制する効果があるためシミ・そばかす予防効果が期待できます。アルブチンは抗酸化作用を発揮します。

これらは美容液の主成分であることから、甘酒を「飲む美容液」と表現する人もいるぐらいです。

高い栄養価

甘酒は上に述べたもの以外にもオリゴ糖、葉酸、ブドウ糖、ビタミンB群、アルブチンを含むため、かなり高い栄養価を持っているのです。甘酒を飲むことでエネルギーチャージもできちゃうんです。

ダイエット

甘酒は独特のどろっとした舌触りで、満腹感が得られるので間食や朝ごはんにピッタリなんです。ご飯なら100gで167kcalであるのに対し、米麹から作った甘酒は100gでカロリー81Kcalです。

甘くておいしいのに、こんなにカロリーが低いのはどうしてでしょう?それは米麹から作る甘酒の甘みは、でんぷんが発酵し、糖化することでもたらされるものだからです。

美味しくて低カロリーなので、ダイエットの強い味方となってくれます。

終わりに

いかがですか、甘酒にはこんなにたくさんの秘密が隠されていたんです!甘くて、栄養価が高くて、ダイエットにも適しているなんて、ハイスペックな飲み物ですよね。ぜひお試しあれ〜♪

nagasaki-01
ナガサキ文様のカップセット

¥3,000

ナガサキの伝統文様柄のカップ。日本酒はもちろん、コーヒーやお茶、お猪口にもデザート用にも多彩な一品です。

モダン和食器専門通販サイト「ハレトケ」はこちら>>