魅力いっぱい郷土料理〜関東地方編〜

東京

全国のおいしい郷土料理を紹介する「全国郷土料理ツアー」第三弾!今回は関東地方です。

関東の郷土料理ってあまり聞かないしそもそもあるのだろうか、と若干の不安を抱いておりましたが調べてみると結構ありました!

紹介

どぜう鍋

どぜう鍋

出典:blog.livedoor.jp

まずは東京都、どぜう鍋(どじょうなべ)です。東京都なんて一番郷土料理持ってなさそうと思っていました。

そんなことなかったんですね。しかも200年以上の歴史がありました!

どぜう鍋はその名の通りどじょうを煮込んだ鍋料理です。種類はいくつかあり、どじょうを丸ごと煮る、または開いて煮るなどです。

どじょうと聞くと泥臭いというイメージを持ってしまうかもしれません。しかし、伝統あるお店で調理されたどじょうは臭みもなくおいしいのです。

食わず嫌いはもったいないですよ!

ちたけそば

ちたけそば

出典:www.athome.co.jp

次は栃木県のちたけそばです。そもそも「ちたけ」ってご存知ですか?

ちたけは栃木県内でよく食べられているキノコです。独特の風味と食感が魅力です。

ちたけそばは炒めたナスとちたけがのったそばです。

とっても香りが良いのですが、特徴的な食感を苦手とする人も一定数いるらしく好き嫌いは分かれてしまうようです。

栃木県以外であまり知られていないのはこういう理由なのでしょうか…。

とはいえこれをこよなく愛する人もやはり多いわけで、現在はなかなか高価になっています。

栃木県内ではシーズンになるとちたけ目当てに山に入り、そのまま遭難してしまう人が後を絶たないこともあったのだとか。

そんなにちたけ好きなんですか!?と驚くばかりです…。

いが饅頭

いが饅頭

出典:www.kazo-kankou.jp

最後は埼玉県のいが饅頭です。県の中でも北部に伝わるお菓子のようです。

大きな特徴は、饅頭が赤飯で包まれているという点にあります。高価なもち米を節約するために

赤飯の中に饅頭を入れてかさ増ししたのが始まりだそう。

名前の「いが」は見た目が栗のいがに似ているところからです。

いが饅頭は大きく分けて二種類あるようで、埼玉ではこの形態ですが別の地域では饅頭に米粉を使用するなどの違いがあります。

まとめ

調べていて、これは関東の郷土料理だったのかと驚くことが多かったです。

実は筆者は埼玉出身なのですが、いが饅頭のことを知りませんでした。埼玉にも郷土料理あったのか〜、と思ってしまいました。

地元のことはちゃんと知っておくべきですね。

nagasaki-01
ナガサキ文様のカップセット

¥3,000

ナガサキの伝統文様柄のカップ。日本酒はもちろん、コーヒーやお茶、お猪口にもデザート用にも多彩な一品です。

モダン和食器専門通販サイト「ハレトケ」はこちら>>