ぼたもちとおはぎの違いを知ると面白い

お彼岸に食べる「ぼたもち」と「おはぎ」。
みなさん、このふたつの違いはご存知ですか?

実は、現代においては、食べる分にはこれらは同じものであることがほとんどです。
ではなぜ呼び名が違うのでしょうか。

今回は、そんな「ぼたもち」と「おはぎ」の違いをご紹介します。

「牡丹餅」と「お萩」

漢字にすると、それぞれ「牡丹餅」「お萩」。
この時点で、もうこれらの違いにお気づきの方もいらっしゃるかもしれません。

「牡丹」は、春のお彼岸(3月後半)あたりに咲くお花、「萩」は、秋のお彼岸(9月後半)あたりに咲くお花で、「ぼたもち」は牡丹の花に似せて、丸く、大きく、豪華に、「おはぎ」は萩の花に似せて、小ぶりに長く俵形に、作られているのです。
ですから、現代における、これらの呼び名の違いというのは、作られる時期の違い、であると言えます。

こしあんと粒あんの違い?

現代では、餡の状態で、これらを分けることはしていないのですが、もともとは、「ぼたもち」は「こしあん」、「おはぎ」は「粒あん」という違いもあったようです。この違いは、餡の原材料、小豆の収穫時期に関係があります。

秋のお彼岸では、小豆の収穫時期と一致するため、収穫されたばかりの柔らかい小豆を、皮も一緒につぶして餡をつくることが可能でしたが、春のお彼岸では、冬を越し、固くなった小豆を使わざるを得ないことから、皮を取り除いてつぶして餡をつくっていました。

このような理由で、両者に餡の違いという観点が存在していました。しかし、このような違いは、保存技術の発達した現代においては、意味をなさなくなったので、現代ではそのような違いは見受けられないことが多いと思います。

そもそも「ぼたもち」や「おはぎ」にはどんな意味があるの?

お彼岸に、これらのものをお供えする風習の起源は、江戸時代までさかのぼります。
江戸時代には、小豆の赤色には、魔除けの力があるとされ、お彼岸や四十九日の忌明けに、食べられていたようです。

その風習から、春のお彼岸は、これから行う農作業にあたって、山の神を迎えるために、秋のお彼岸は、収穫の時期であることから、豊穣の感謝の意を表すために、また、ご先祖さまへの感謝と家族の健康を願って、お供えするものとされています。

まとめ

いかがでしたか?
なんとなく食べていた「ぼたもち」と「おはぎ」にも、いろいろな意味が込められていたのですね。
今度これらのものを食べる機会がありましたら、その違いや意味を思い出しながら、味わってくださいね!

モダン和食器専門通販サイト「ハレトケ」はこちら>>