東西でこんなに違う。桜餅は春の味わい。

桜餅
最近だんだん暖かくなってきました。もう桜も散って、なんだか名残惜しいですね。桜はもう見られませんが、これはまだぎりぎり間に合います! それは、桜餅です。見た目もピンクで桜を彷彿とさせます。 関東と関西の差 桜餅は関東と関西で違う見た目をしています。関西の人が関東に来て桜餅を買おうと...

肩肘張らない伝統芸能、落語を楽しむ

寄席
日本人なら一度はみておきたい3つの伝統芸能があります。能楽、歌舞伎、そして落語です。中学校や高校の芸術鑑賞などでもみることがあるかもしれませんね。 落語は能楽や歌舞伎と同じく大衆娯楽の一つでしたが、現代の人たちがみて一番面白いと思えるのはきっと落語でしょう。 成り立ち 江戸時代初期...

将棋の雑学、頭脳戦を制することができるか

将棋
有名なボードゲームのひとつである将棋。 ルールがやや複雑なのと非常に頭を使うゲームなので難しいと感じるひとも多いかもしれません。 でも、一度はまってしまうととても面白いものです。 それに、頭の体操になるのでただのネットゲームよりはずっとためになりますよ。 全ての元はひとつ? ...

人気上昇中の「こけし」安定感あふれる懐かしさ。

こけし
丸っこい様相と愛らしい表情、手になじむ木彫りの風合い。こけしは眺める人、手に取る人を穏やかな気分にしてくれます。実家もしくは祖父母の家に置いてあるという人も多いのではないでしょうか。発祥は東北地方と言われていますが、でてきた正確な時期は分かっていません。東北地方の木地師(きじし)が温泉地に湯治に来た...

意外と深い!佃煮の歴史

佃煮
今回は日本の伝統的な食べ物・佃煮(つくだに)のお話です。身近で手頃ながら、そのルーツについて思いを馳せたことがありませんでした。ですが調べてみると、佃煮には意外と深い歴史的背景が隠されていたのです! 歴女のみなさん必見の、佃煮誕生の歴史をご紹介していきます。 生まれは東京。江戸っ子です ...

意外と知らない「だるま」の豆知識

だるま
みなさんは、「だるま」と聞いて何を思い浮かべますか? 子供のときにやった「だるまさんが転んだ」や「だるま落とし」という遊びでしょうか? それとも、何かお願い事をするときに買った「だるま」でしょうか? なんにせよ、私たちにとって「だるま」はとても身近な存在ですよね。でも、意外と「だるま」のこ...

大根役者の語源の由来が面白い

大根
「大根役者」という言葉を聞いたことがあると思います。演技の下手な役者に対して言う蔑称ですから、あまりいい意味ではないですよね。でもどうして「大根役者」というのでしょう…? 今回はそんな素朴な疑問を一緒に解消していきましょう! 誕生は江戸時代 「大根役者」という言葉が生まれたのは、江戸時...

神社は分類分けするとスッキリする

大阪天満宮
日本は「八百万の神」の国。だから、神様をお祀りする神社も膨大な数にのぼります。どのような地域にも必ず神社はありますよね。 そのような膨大な数がある神社ですが、いくつか分類分けができます。例えば、京都にある「伏見稲荷大社」を総本社とする「稲荷神社」群。「○○稲荷」と、よく耳にするのではないでしょ...

100年以上の歴史、母の日には感謝を込めてプレゼントを贈ろう

母の日
今年の母の日は5月8日。日頃の感謝を込めて母親に贈り物をする人が多いでしょう。母の日の贈り物といえばカーネーションが定番ですが、その習慣が根付いたのはいつからかご存知ですか? そもそもの始まり 母の日ができた経緯には諸説ありますが、 古代ローマ時代に、神々の母と言われていたリー...

端午の節句「こどもの日」の意味とは?

こどもたち
日本の伝統的なイベントがぎゅっとつまったゴールデンウィークが今年もやってきましたね。その中から今回は「こどもの日」について。意外と知らない豆知識をご紹介していきたいと思います! もともとは厄払いの行事 国民の祝日に関する法律によると、「こどもの日」は、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福...